地震などの災害へのモノの備え

地震などの災害へのモノの備え 地震などの災害へのモノの備え

備蓄品の中から避難生活に
必要なものを選び、
非常持出袋に入れて
準備しておきましょう。
玄関や寝室などの出しやすいところに
置いておき、
すぐに持って逃げられるようにする
ことも大切。
非常持出袋はリュックなど両手が空くものが
便利です。
防災グッズ 防災グッズ
数日間生活できるだけの
「備蓄品」を備えましょう
飲料水は1人1日3リットルを目安として、最低限3日分程度用意しましょう。
食品も最低3日分は備蓄しておきましょう。
ご存知ですか?
「ローリングストック法」
消費期限などを考慮しながら定期的に備蓄品の点検・入れ替えを行う方法です。
水や食品、乾電池、トイレットペーパーなど日常で使うものは普段から少し多めに買ってストックし、使ったらその分だけ買い足すようにすれば無理なく備えることができます。
子どもの成長や地域の状況にあわせて必要なものを見直していくこともお忘れなく。

防災グッズ 防災グッズ

非常持出袋に入れておきたい、
最低限必要なものです。
  • 水 水
    ミネラルウォーターのほかにお茶やジュースなどもあると気分転換になります。
  • 食品 食品
    食品
    乾パンや缶詰など調理せずそのまま食べられるものやインスタント食品など簡単な調理で食べられるものがあると便利です。
    また、ストレスが多い災害時には食べ慣れたものや好きなもの、お菓子・デザートなどもあると息抜きになります。
  • 乾電池 乾電池
    乾電池
    懐中電灯や携帯ラジオ、スマートフォンの充電のため多めに準備しておきましょう。機器の中に入れっぱなしにせず、取り外して保存しておくことで長持ちさせることができます。
  • 現金・貴重品 現金・貴重品
    現金・貴重品
    停電時はATMやカードが使えないので現金は必須。特に公衆電話用の10円玉は多めに用意しましょう。保険証や免許証は番号を控えるか、コピーを取っておくと便利です。
  • 携帯ラジオ 携帯ラジオ
    携帯ラジオ
    インターネットやSNSで得られる情報には事実ではないものも含まれていることがあります。間違った情報に惑わされないために、正確な情報を知ることが大切です。
  • ライター・マッチ ライター・マッチ
    ライター・マッチ
    電気やガスが止まったとき、調理や暖房器具の火おこしなどに使えます。
  • 衣類 衣類
    衣類
    洋服は動きやすいものを。着替えだけでなく、防寒具もあると安心です。また、職場などにスニーカーを準備しておくと交通機関がストップした場合の徒歩移動にも対応できます。
  • ナイフ・缶切り ナイフ・缶切り
    ナイフ・缶切り
    缶詰を開けたり、包丁の代わりにしたりと多くのことに活用できます。
  • 懐中電灯 懐中電灯
    懐中電灯
    暗い中でも避難できるよう、家族の人数分用意しておきましょう。
    また、両手が使えるヘッドライトがあると荷物が多い場合などに役立ちます。
  • ヘルメット ヘルメット
    ヘルメット
    頭部の負傷は命にかかわることも。落下物から頭を守ることが重要です。
  • 救急セット 救急セット
    救急セット
    絆創膏やアルコール消毒液、マスク、体温計のほかに、日頃から飲んでいる薬やサプリメントも準備しておきましょう。
    処方箋の控えもあると便利です。
  • 軍手 軍手
    軍手
    がれきなどでケガをしないために。寒い時期には防寒にも役立ちます。
出典:総務省消防庁データベース
「地震などの災害に備えて 防災グッズの紹介」
( https://www.fdma.go.jp/publication/database/activity001.html )
このサイトは上記の情報等を参考に当法人作成
これらはあくまで一例です。
家族構成や住居・地域の状況によって必要なものは異なります。
あなたや家族にとって必要な防災グッズを揃えましょう。